バックナンバー

通信制高校の良い情報

  • トップ /
  • 時代に合わせ進化する通信制高校

教育機関としての通信制高校

近年、通信制高校が多くの人に広く知られるようになってきています。数十年前までは、通信制高校に進学する子供にはネガティブなイメージがありました。しかし社会の変化に伴い、高校進学時により多くの選択肢の中から子供たちは進路を選べるようになりました。通信制高校も以前より全国各地に広がりました。学校のカラーや授業内容、学費等もインターネットで確認ができます。授業内容は全日制と遜色のない学校が増えていて、インターネットで授業が行われる学校もあります。学費は全日制の私立学校と比較して大差ありません。加えて学費に関しては、全日制学校と同様に家庭の経済状況に合わせて、自治体からの補助も受けられます。病気や家庭の事情等で全日制高校に通うことができなくなる子供も、中退せずに転入手続きを取れば通信制高校に転学できます。転入した場合も、前の学校で取得した単位はそのまま適用されるので、転入時からスムーズに授業を進めていくことができます。最近クローズアップされる不登校の子供たちも、進学した上で自分のペースで勉強していくことができ、単位取得をすれば高等学校卒業の資格が全日制と同じように取得できます。通信制高校は全日制の公立・私立学校と同じで、学校としてきちんと機能し、今の時代を生きる子供たちに適合した一つの教育機関として進化しているのです。

↑PAGE TOP